廃車買取の相場は?高く売るコツを紹介。走行不能、事故車でも高く売れる。

「車を買い替えたけど下取りに出したら0円と言われた。」
「事故をしてしまい廃車にする。」

ちょっと待ってください!その車、高く売れるかもしれませんよ。

廃車は高く売れるのか?

もう、15年以上乗っているしボロボロだ。
走行キロが20万キロオーバーしている。
事故で修理ももうできない。

こんな廃車にするしかないような車を高く売ることができるのか?
結論から言います。

間違いなく売れます!

あまり、知られていませんが、売れないと思っている車でも驚くような高額で取引されることは珍しくないんです。

そこで今回は廃車にするような車でも高く売る方法について説明していきます。

この記事を書いた人
ライター K

自動車整備士で自動車検査員の資格も取得した車のプロ。

新車、中古車、オークションなどの販売から整備、民間車検、板金、保険まで車にかかわるトータルプランナー

今すぐ廃車を高く売るならこれがおすすめ

少しでも早く廃車を高く売りたいのであれば廃車専門の買い取り業者がおすすめです。
廃車を専門に扱っている業者なので通常の買取店や下取りでは値段がつかない車でも必ず買取をしてくれます。
廃車にかかる費用もすべて負担してくれるのですぐに売りたい方にお勧めです。

廃車の一括査定はナビクルがおすすめ

一括査定で複数の業者に見積依頼をするならナビクルの廃車一括査定がおすすめです。
通常では数万円発生する廃車にかかる費用もナビクルなら無料です。

ナビクル・カーネクスト 一般的な買取業者
引き取り費用 0円 約1~2万円
レッカー代 0円 約1~5万円
解体費用 0円 約1~2万円
廃車手数料 0円 約1万円
今すぐ見積もり!

1社に見積もり依頼するならカーネクストがおすすめ

一括査定で複数の電話がかかってくるのが面倒という人にはカーネクストの廃車買取がおすすめです。20秒の簡単入力で廃車の査定ができます。
もちろん、ナビクル同様に廃車にかかる費用はすべて0円です。

カーネクストで見積もり!

廃車は高く売れる!知らないと損をする

廃車になるような車は買い取ってくれないと思っている人が多いです。

実際に買取店やディーラーで「廃車なので買い取れませんね」と言われたことがある人も多いと思います。

しかし!実は買取できる車でもディーラーや買取店では「廃車ですね」と言って0円で引き取って他に高く売るケースがあります。

中には廃車で引き取った車を100万以上で転売するケースも。

「そんなことないでしょう」と思うかもしれませんがあるんですよね。

実際に私が体験したケースでは新車登録から15年以上たったランクルプラド。お客様が事故を起こしてしまい修理代は200万以上。
お客さんは廃車と思っていましたが私が知り合いの買取業者に連絡すると・・・。

なんと50万で売ることができました。(もちろん、売却したお金はお客さんに渡しました)

たまたまと思うかもしれませんがこういうケースは多々あるので廃車にする前に必ず売れるかを徹底的に調べるようにしましょう。

廃車と言われる車の特徴

買取や下取りで廃車と言われる場合にはいくつかのパターンがあります。実際には売れる車でも廃車と言われることが多いです。

  1. 事故車・水没車(全損ではない)
    事故や水没などで全損にはなっていない、または車両保険に加入していなく修理ができない場合。※全損の場合は保険会社が車を引き取ります。
  2. 低年式・走行距離多い
    まだ、走行は出来るが年式も古く走行距離が多い。
  3. エンジンがかからない、その他の理由で動かすことができない車

これらの場合は一般の人には価値がないと思われることが多く廃車と言われることが多いです。

廃車なのに高く売れる理由は?

事故車、低年式、走行不能の車がなぜ高く売れるのでしょうか?

実は、一見すると価値のない車でも欲しいという人が多いんです。

廃車と思われる車の再利用方法

事故車・水没車 部品どり、修理して販売
低年式・走行距離多い オークションで販売、海外に輸出
不動車・走行不能 部品どり、修理して販売

事故車、水没車

事故車、水没車は専門で買取をしている業者もあります。とくに高年式の車であれば部品取りとしての価値、修理して高く販売できるので驚くような金額が付くことも珍しくありません。

例 事故車(修復車)の販売価格
2016年 レクサスRX 車両価格 518万円

2014年 アルファード 車両価格 185万円

高年式のレクサスであれば事故歴があっても500万を超す販売価格で売られることもあります。

低年式、走行距離の多い車

低年式、走行距離の多い車は海外で人気の車種であれば高く売れるケースが多いです。数十万キロ走ったランクルが数百万で取引されることもあります。

また、車を修理するときの中古部品をとる車として買取する場合もあります。売れていた車種などが部品の需要も多く高く買取してくれます。

例 過走行の車の販売価格
2000年 ラウンドクルーザー 10万キロ 388万円

2001年 ハイラックスサーフ 16万キロ 200万円

不動車・走行不能の車

高年式であれば部品どり車として高く買取してくれます。古い車でも人気の車であれば部品どり車としての価値は上がります。
また、エンジン載せ替えなどで再生することも可能です。

廃車の買取相場

廃車の買取相場を公開しているサイトを見ますが実際には全く参考になりません。
中古車の相場であれば同じような年式、型式、走行距離で相場をある程度見ることができますが廃車の場合には数が少ない、事故の程度が異なるなど似た車種を探すこと自体が難しくなります。

一般的な目安として廃車の買取相場を紹介します。

低年式・過走行車の買取価格の相場

トヨタ アルファード 30,000円~350,000円
日産 リーフ 50,000円~150,000円
ホンダ オデッセイ 20,000円~130,000円
スズキ アルト 15,000円~20,000円
ダイハツ タント 20,000円~100,000円

低年式でも人気の車は数万円~数十万円の価格がつくことも珍しくありません。

とくにSUV、ハイエースなどは海外でも人気のため20万キロ以上走っていても驚くような価格が付くことがあります。

廃車を高く売る方法

ここまでで廃車になる車の特徴、廃車の買取相場などを紹介してきました。

ここからは実際に廃車になる車を少しでも高く売る方法について説明していきます。

廃車の利用価値が高い業者を探す

廃車になるような車でも海外に輸出、部品どり、再生などいろいろな利用方法があります。

そのため少しでも高く売るためには廃車の利用価値が高い業者に売ることが大切です。

例えば高年式の事故車などであれば修理しても販売もできるので事故車買取系の業者は高く買い取ってくれる傾向にあります。

逆にディーラーや海外に輸出系の業者では利用価値が少ないため安い価格を付けられてしまいます。

廃車でも必ず値が付くと思って交渉しよう

一括見積などで買取の依頼をした時も「かならず値が付く」と思って交渉しましょう。

最近は鉄の価値も高くなってきたので素材の価値としても1円も買取価格が付かないということはまずありません。

かならず、どこかは買取価格が付くというスタンスで交渉することが大事です。

廃車を高く売るなら廃車買取の一括見積が確実

廃車の利用価値が高い業者を探すといってもなかなか難しいです。

そこで、利用したいのが廃車買取の一括見積りサービスです。

車買取の一括見積では複数の業者に一括で見積もりを出すことが可能です。(その後の営業電話などは面倒ですが・・・)

複数の業者に見積もりを出すことにより利用価値の高い業者を探すことができます。

とくに廃車買取りのナビクルであれば廃車にかかる費用も一切かかりませんのでお奨めです。

複数の業者からの営業電話が面倒という人はカーネクストなどの1社での見積もりおすすめします。(こちらも手数料はすべて0円)

解体業者で買い取ってもらう

買取業者の一括見積で0円ということはまずありませんが少しでも高く売るためには自分で解体業者にもっていくという方法もあります。

この場合、車を自分で持ち込んだり廃車手続きなども自分で行う必要が出てきます。

また、解体業者によっては一般の買取を拒否したり足元を見て安く買い叩かれることもあります。

そのため、自分である程度の交渉や手続きができる人以外にはあまりお勧めは出来ません。

もし、解体業者に持ち込む場合にでも一括見積で価格を把握しておくことをおすすめします。

自分で廃車をする場合の手続き

廃車の買取業者に依頼すれば手続きはすべて0円で行ってくれますが自分で手続きをしたい、直ぐに売らないので廃車にだけしておきたいという方のために廃車の手続きについて説明します。

ちなみに廃車買取業者以外で手続きを依頼すると数万円の手数料を取られることが多いので注意してください。

一時抹消と永久抹消

廃車にする場合にはその後の使用用途によって一時抹消と永久抹消という2つの種類があります。

一時抹消は一時的に車を乗らないので抹消するけど後に乗るかもしれない場合に行います。(抹消期間中は税金などは掛かりませんが重量税は還付されません)

永久抹消はもう車を乗らずに解体する場合は永久抹消になります。
永久抹消をするばあいには解体証明書が必要になるので部品どりとしてしか使えなくなってしまいます。
また、永久抹消であれば重量税が還付されます。

とりあえず、廃車にして税金をかからないようにしたいのであれば一時抹消の手続きをしておくことをお奨めします。

一時抹消に必要な書類

普通車
  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑証明
  • 実印
  • 手数料納付書
  • ナンバー
  • 自動車税申告書
  • マークシート3号様式の2
軽自動車
  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバー
  • 軽自動車税申告書
  • マークシート軽4号様式

とりあえず、車検証とナンバー、普通車はプラス印鑑証明、実印を持っていけばあとは陸運支局などでそろうので大丈夫です。

※普通車で住所が変わっていれば、車検証の住所と印鑑証明の住所までの流れがわかる住民票などが必要になります。

廃車手続きを行う場所は?

廃車の書類を用意したら廃車する車が登録されている陸運支局にて行います。

陸運支局の受付時間は基本的には平日の9時~16時です。

STEP.1
陸運支局で必要書類に記入
STEP.2
ナンバープレート返却
STEP.3
ナンバー返却後に必要書類を提出
STEP.4
軽自動車は自動車税の抹消申告(手続きしないと毎年納付書が来ます)

自分で廃車手続きをするメリット・デメリット

自分で廃車手続きをするメリットはディーラーなどに依頼するよりも圧倒的に安いからです。ディーラーなどに依頼すると数万円かかりますが自分で行えば数百円で済みます。

デメリットは手続きが大変、平日しか手続きができないということです。書類の不備でまた別日に手続きを行わなくてはいけないということも珍しくありません。

廃車買取業者であれば手数料0円で依頼できる

一時抹消をしても車を手元に置いておきたいという場合以外でしたら廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。

廃車を買い取ってくれるだけでなく手続きのすべてを無料で行ってくれます。
もちろん、レッカー代(車の引き取り)もすべて無料で行ってくれるので持ち出す費用は一切ありません。

廃車引き取り業者はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。