中古車の下取りを高くするコツ!買取と下取りの違いやメリットデメリットを解説

新しく車を購入する際にこれまで乗ってきた車を購入店で引き取ってもらう(売却)することを下取りといいます。

下取りでの売却金額は新しく購入する車の費用にも充てられるためできる限り高く下取りをしてもらいたいです。

そこで、このページでは下取りを高くする方法や下取りよりも高く売却する方法について詳しく解説していきます。

ちょっとしたコツや売却までの流れを知ることによって下取りを高くするだけでなく購入する車を安くすることもできますのでぜひ参考にしてください。

目次

下取りで高く売るために

少しでも高く下取りをしたいのであれば先に自分の車の相場を把握しておくことは大事です。
また、売れる相場がわかれば新しい車を購入するときの予算の参考にもなります。

下取りの相場を確認するのは下記がおすすめです。

一括で複数社に問い合わせするならナビクルです。
最大10社の買い取り業者から見積もりが取れるので高額での査定が可能です。

車買取の営業電話が面倒な人はカーネクストの電話査定がおすすめです。
「車種」「年式」「走行距離」「車検の残存期間」「事故・故障の有無」を伝えるだけでおおよその金額を査定してくれます。

中古車下取りとは


下取りとは、自動車ディーラーでクルマを売却できる方法です。
自動車ディーラーで販売されている新車を購入したと同時に、今まで所有してきたクルマを「下取り車」の名目で売却ができます。

ディーラーで新車の購入から所有しているクルマの売却まで対応できるため、その他に売却先を探す手間が省ける特徴があります。
下取りは、車の購入と売却で時間と労力をかけられない方におすすめのサービスです。

中古車下取りと買取の違い


下取り以外にもクルマを売却する方法はありますが、代表例が「買取」です。

買取は、「中古車買取店」にクルマを売却するケースが該当します。新車や中古車など、次のクルマを購入する予定がなくても自由に査定を依頼できる点が魅力です。

売却したお金は自由に使える仕組みですので、新車を買う予定でなければ買取もクルマを売却する有力な方法となります。

また、買取は査定金額に納得がいかなければ、複数の中古車買取店に依頼して売却金額を比較できる点も魅力です。

中古車下取りのメリット


ディーラーで新車を購入する際に売却の手段となる下取りですが、メリットをより詳しく知りたいですよね。

この項目では、中古車下取りのメリットを3つのポイントにわけて解説します。

新車の購入で値引き交渉の材料にできる

新車の購入で値引き交渉の材料に、下取り金額のアップを提案できるメリットがあります。

新車の購入で少しでも購入費用を安く抑えるため、車両本体から値引き交渉を申し出るケースが多いでしょう。しかし、ディーラー側は、車体本体からの値引きに限界があるので、下取りの金額を引き上げて購入代金を安く見せる方法を取り入れる手段を使う可能性があります。

購入するユーザー側は下取りの金額アップを交渉材料にして、より安く新車を手に入れられるようチャレンジが可能です。

とくに決算時期の3月、中間決算の9月は販売台数を増やすために下取り価格が高くなる傾向にあります。

新車が納車されるまで現在の所有車を乗り続けられる

新車が納車されるまで、現在の所有車に乗り続けられるメリットがあります。

新車の購入は決めたものの、納車されるまでの間に通勤や通学、お買い物、レジャーでクルマを使いたいシチュエーションがあるでしょう。

下取りでの売却なら、次の車を納車するまで現在の所有車を乗り続けられるので、移動手段を失わずにクルマを使い続けられます。

新しいクルマが欲しいけれど、今すぐクルマを手放すのは厳しいようであれば、下取りはおすすめの売却方法です。

売却に手間がかからない

売却に手間がかからないメリットがあります。

ディーラーで新車を購入すると同時に売却交渉ができるので、別の売却先を探す時間の節約が可能です。売却の書類もディーラーへ提出するので、工程が短くなるメリットがあります。

新車を購入する際、乗っていたクルマの処分や売却に困りたくない方は、下取りを検討するとよいでしょう。

中古車下取りのデメリット


下取りは、新車の値引き交渉や購入後の納車にかかる期間乗り続けられる、手間が省けるなどのメリットがあります。

しかし、一方で下取りの不便な面も確認したいですよね。この項目では、下取りのデメリットを3つにわけて解説します。

査定協会が定めた基準で下取り金額が決まってしまう

「日本中古車査定協会」にて定められている査定基準により、下取り金額が高まらずに売却させられる可能性があります。

中古車買取店の査定とは異なり、売却するクルマへ値段競争をして下取りをしなくてもディーラー側は損をしません。査定協会が公表している買取基準をそのまま下取り金額として提示されるので、大幅な金額アップが望めないケースがあります。

より高額な売却金額を得たいなら、中古車買取店で査定をしてもらうなどその他の方法を利用するとよいでしょう。

下取り車を商品にするので減額される可能性がある

下取り車を商品にすべく整備費用がかかるので、売却金額が減らされる可能性があります。

ディーラー直営の中古車販売店で販売すべく商品化するためにメンテナンスが行われます。
部品の交換や傷凹みの修復が行われるほか、車内をクリーニングするため費用が高額です。

整備費用がかかる分、下取り金額を低く抑えることで、中古車販売店で利益が出やすくなるようにするケースがあるので、売却金額を増やしたいなら下取り以外の方法をおすすめします。

年式が古い・過走行の車は廃車を勧められる

製造年式が古い、もしくは走行距離が過剰のクルマは査定金額がなく、廃車を薦められる可能性があります。

生産されてから年数が経過しているクルマや、走行距離が伸びているクルマはディーラーの中古車専門店の商品になりません。加えて、業者オークションに中古車で出品をしても、別の業者に売れないなどのリスクがあります。

ディーラーでの下取りで査定金額がつかないクルマは廃車を薦められて、費用負担を求められるかもしれません。別の売却方法やその他の手段で無償にて廃車手続きをしてくれる業者を探すとよいでしょう。

下取りを高くする方法


少しでも下取りを高くする方法に、中古車買取店との相見積もりを取る手段があります。

以下、簡単に流れを解説しましょう。

  1. ディーラーで新車の購入見積もりと同時に下取り査定を依頼する
  2. 下取り査定額の提示をもらい、その足で中古車買取店へ出向く
  3. 3買取店にてディーラーでの下取り金額を伝えて査定を依頼する
  4. 買取店での査定金額を持ち帰り、再びディーラーにて下取りを含めた商談を行う

一度、新車を購入する予定のディーラーで下取り査定を依頼して、金額の提示を受けておきましょう。

提示された下取り金額をそのまま受け取り、中古車買取店へ足を運びます。買取店ではディーラーで提示された金額をそのまま伝え、下取り以上の金額であれば売却の意思があるように伝えましょう。

買取店で査定を依頼し、下取り金額を上回る条件が提示されたら、ディーラーへ戻り再び購入交渉と同時に下取り査定のアップを求めるよう働きかけます。

この手法を利用すれば、下取り額のアップに繋がり新車を安く購入するチャンスともなるでしょう。ぜひ、中古車買取店も活用しつつ新車購入の交渉を進めるようおすすめします。

クルマを高く売却したいなら中古車買取店がおすすめ


クルマを売却する方法は複数存在しますが、高く売却したいなら中古車買取店がおすすめです。

中古車買取店をおすすめする理由に以下の2点が挙げられます。

中古車買取店をおすすめする理由
  • 流行やトレンドに見合った査定額を提示してくれる
  • 売却したお金は自由に使える

中古車買取店は流行やトレンドに見合った査定を行うので、ディーラー下取りを含めたその他の方法よりも高くクルマが売れる可能性があります。中古車市場で人気があるモデルなら、より一層高額での売却ができるでしょう。

売却したお金は手元に入ってくるので、用途に縛られず自由に使えます。次のクルマを購入する資金以外にも、生活費に回すなど目的に応じたお金の使い方が実現可能です。

中古車買取店で下取りよりも高くクルマを売却する方法

新しい車の購入など、目的を達成するために少しでもクルマを高く売りたいですよね。

この項目では、ディーラーでの下取り中古車買取店で高くクルマを売却する方法を2つにわけて解説します。2つともクルマの売却で重要なポイントとなるので、欠かさずに押さえましょう。

高く売却できるタイミングでクルマを査定してもらう

高くクルマを売却できるタイミングで、中古車買取店へ査定を依頼しましょう。

1年でクルマを売却しやすい時期は1月から3月までです。

1月から3月までの期間は、決算期を迎える大手の中古車買取チェーンが多いため業績目標を達成するために買い取りを強化しています。加えて、4月に就職もしくは転職など新生活を始める方が多く、通勤用目当てでクルマを購入するケースがあります。

急な事情ですぐに手放さなければならないなどの理由がない限りは、1月から3月にクルマを売却するとよいでしょう。

複数の中古車買取店で査定をしてもらう

複数の中古車買取店で査定をしてもらうとお得にクルマを手放せます。

中古車買取店は自社での販売網で売る商品や業者オークションへ出品するためのクルマを確保するために競り負けたくない要素があります。複数の買取店に査定依頼をして、査定額を競ってもらうと希望より高くクルマが売却できるでしょう。

加えて、査定を依頼する際にあらかじめ希望の売却金額を伝えておくとよいでしょう。提示した金額で売る意思を示せば、中古車買取店の対応も変化する可能性があります。

もっと高額に中古車買取店へ売却したいなら一括査定がおすすめ


中古車買取店へ売却したいけれども、一回ずつ問い合わせの電話やインターネットでの申し込みをするのは手間がかかりますよね。

しかし、中古車買取店に売却するなら「一括査定」を用意しているインターネットサイトがあります。一括査定のサイトから申し込むと、あっという間にクルマが高く売れてしまうかもしれません。

この項目では、クルマの売却で一括査定をおすすめする理由を3つにわけて解説します。

電話やインターネットで申し込みが簡単

1つ目の理由は、電話やインターネットで簡単に申し込める点です。

電話やインターネットサイトを通じて査定を申し込むと、自宅や指定した場所まで担当の査定士が足を運びます。クルマを中古車買取店ごとに持ち込む手間が省けるほか、時間の節約にもつながるでしょう。

複数の中古車買取店に一括で査定を申し込める

2つ目の理由は、複数の中古車買取店に一括で査定を申し込める点です。

一括査定を運営している会社は、1回の電話やインターネット申し込みで同じ内容を複数の中古車買取店へ伝えるシステムを取り入れています。毎回、査定依頼の手続きをして、同じ内容を伝える手間が省けるので時間をかけたくない方に便利です。

即日の実車査定ですぐに売却先が決まる

3つ目の理由は、即日の実車査定ですぐに売却先が決まる点です。

一括査定に申し込むと、買取店の査定士が売却予定のクルマを査定するために自宅や指定した場所までやってきます。早ければ依頼当日に査定してもらえる可能性もあるので便利です。

一括査定を活用すれば、即日にクルマを売却できる可能性もあります。短期決戦でクルマを高く売りたいならおすすめのサービスではないでしょうか。

おすすめの中古車買取サービス4社を紹介

ナビクル/最大で10社の査定比較で高く売却できる

広告画像「ナビクル」は、完全無料で最大10社の査定比較が可能となっている中古車買取サービスです。入力フォームより車種情報などの必要事項を記入し、1回送信するだけで最大10社の中古車買取業者へ一括の査定依頼が可能です。査定依頼が完了した後、素早く査定相場額の通知があり、売却を考えている車の価値がひと目でわかるシステムとなっています。ディーラーでの下取りより平均で約18万円も査定額が高くついたとの評判があり、約98%の利用者が1ヵ月以内の短期で車の売却を決めている実績が魅力です。査定額で満足したいなら、ナビクルは申し込んでみる価値が高い中古車買取サービスではないでしょうか。
ナビクルのおすすめポイント
1 最大10社へ同時に査定を同時に申し込めるから一度ずつ電話やメールの手間が省ける
2 申し込み完了後すぐに査定相場額を提示してくれて、インターネットでチェックができる
3 ディーラー下取りより平均で約18万円も査定額が高くなる

カーネクスト/申し込みから手続き完了まで1社で対応

広告画像「カーネクスト」は、査定申し込みから買取手続き完了まで1社で対応している中古車買取サービスです。インターネットや電話を使えばいつでも無料の査定依頼ができます。指定の場所まで車の引き取りを行ったり、必要な書類を受け取って手続きを代行してくれたりと買取完了まで親身に対応してくれる点が魅力です。車検切れや故障車、事故車など他社では対応が難しい車でも原則0円以上で買取に対応します。引き取り時のレッカー代や書類手続き代行も無料で行っているため、忙しい人でも手間をかけずに車を買取処分に出せるメリットがあります。不具合のある車を廃車とする前に、カーネクストへ査定申し込みをするとお得に車の処分ができるでしょう。
カーネクストのおすすめポイント
1 カーネクスト1社のみとやり取りを行うのでスムーズに手続き完了まで進められる
2 車検切れ・故障車・事故車など条件問わず「0円以上」で買取を保証している
3 レッカー代や手続き代行費用を無料で対応してくれる

ナビクル廃車買取/全国どこでも0円で廃車手続きが可能

広告画像「ナビクル廃車買取」は、日本全国どこでも0円で廃車手続きが可能となっている中古車買取サービスです。古い年式の車や車検切れ、故障歴や事故歴がある車も含めて他社で買取を断られた車も無料で廃車手続きに対応しています。運輸支局まで出かける手間が省けて、時間に余裕がない人も車の処分がしやすい点が魅力です。廃車手続きの申し込みから査定、引き取り費用が無料となっています。立ち合いなしでも車両の引き取りに対応しているため、仕事で忙しい人にも便利です。年度途中での廃車手続きなら、自動車税の返金にも対応しているためお得に車を処分できるメリットもあります。車の処分をしたいけれど時間に余裕がない人は、ナビクル廃車買取を利用するとスムーズに手続きができるでしょう。
ナビクル廃車買取のおすすめポイント
1 廃車手続きを無料で代行してくれて運輸支局に出かける手間が省ける
2 申し込みから査定、引き取りまで無料で利用できる
3 年度の途中で廃車手続きを行っても残り期間分の自動車税が返ってくる

セルトレ/海外とのコネクションを生かして高額売却ができる

広告画像「セルトレ」は、海外輸出などのコネクションをもち、車の高額査定を可能としたシステムを採用している中古車買取サービスです。海外へ中古車を輸出するサービスを提供している企業と提携しており、故障・事故車や年式が古い車などを資源として買取に対応しています。独自のシステムにより、国内業者への売却および海外輸出の判断ができるため、より高額な車の売却が期待できます。インターネットで必要事項を記入して査定を申し込み、電話でのやり取りで買取先の決定まで行えるため、お店まで訪問する手間が省けます。少しでも高く車の売却・処分を行いたい人は、セルトレへ申し込むとお得に車を売却できるでしょう。
セルトレのおすすめポイント
1 海外とのネットワークを生かしてどのような車でも売却が可能
2 独自機能で査定を行うため、買取対応を行う業者を自動で選ぶシステムを採用
3 インターネットで査定を申し込み、電話一本で買取先の決定まで決められる

一括査定を使って下取りより中古車を高く売却しよう

今回は、中古車の下取りとはどのようなシステムか解説し、愛車を高額で売却するコツもいっしょにご紹介してきました。

ディーラーでの下取りは、やり取りが少なく手間がかからずにクルマを売却できるメリットがあります。しかし、査定額が低くなるケースがあるため、クルマを高く売却するには不向きです。

一方、中古車買取店で査定に出すと、状況に応じて金額が変動するため、お得にクルマを売却できるメリットがあります。加えて一括査定を活用すれば、短期決戦で複数の中古車買取店に見てもらえて、いち早く売却先を決められるかもしれません。

一括査定に申し込んで、お得にクルマを売却してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。