フリードはリセールバリューの高い車種!?フリードのリセールバリューの評価や高く売る方法について解説!

数年おきに車の乗り換えているのであれば、リセールバリューは非常に重要です。

ファミリーカーとして人気の「Honda FREED(ホンダフリード)」は、どのくらいのリセールバリューが付くのでしょうか。

この記事では、これからフリードの購入を検討している方や、既に所有しており乗り換えを検討している方向けに、フリードのリセールバリューについて解説していきます。

最後まで見てもらうことで、フリードのリセールバリューの実態と、少しでも高く売る方法や注意点が分かりますので、参考にしてみてください。

ホンダフリードのリセールバリューは?

Hondaが取り扱う「フリード」は、コンパクトミニバンタイプの車になるため、ファミリー層を中心に人気のある車種です。

現在所有している方や、これからフリードの購入を検討している方にとって、リセールバリューは非常に重要。

結論から言えば、ホンダフリードのリセールバリューは比較的高いリーセルが期待できる車種と言えるでしょう。

フリードのリセールバリューが高いのは、やはり人気の車種というのが大きな要因です。

ミニバンタイプの車で最大7人乗ることができるフリードですが、値段も比較的安い設定がなされています。

2020年の「日本自動車販売協会連合会」が発生している新車販売台数でも8位となっており、コンパクトミニバンタイプの車では他メーカーを抑えて上位に位置しています。

フリードのリセールバリューは70%前後(3年落ち)と高め!

比較的高いフリードのリセールバリューですが、3年後の価値を見た時に平均70%前後が相場となっています。

走行距離や車の状態によって大きく価値が異なるものの、リセールバリューとしては高い傾向があるため、非常におすすめです。

3年後のリセールバリューとしては、70%を超えると比較的高いリセールバリューと言えるでしょう。

スズキのジムニーやトヨタのランクルプラドなど、90%以上のリセールバリューを持った車種はありますが、これらは特殊と言えます。

  • 90%以上:非常に高い
  • 80%以上:高い
  • 70%以上:比較的高い
  • 60%以上:比較的低い
  • 50%以上:低い

上記の率を参考に気になる車種を調べてみるのがおすすめです。

フリードは他のミニバンと比較してもリセールバリューは高い車種

フリードのリセールバリューは3年後で70%前後とお伝えしましたが、他のミニバンと比較してどのくらい差があるのか気になるところです。

フリードと比較して乗られる車としては、

  • トヨタ・シエンタ
  • トヨタ・ヴォクシー(ノア)
  • 日産・セレナ
  • ホンダ・ステップワゴン

上記のような車があります。

まず、ミニバン全体で言えばそもそもリセールバリューは高い車と言えます。

特に、リセールバリューが高いのは「トヨタ・ヴォクシー(ノア)」は人気が非常に高くミニバンの中では、最もリセールバリューが高い車と言えるでしょう。

その他のミニバンについては、3年落ちでは平均70%のリセールバリューは見込める車種なので、それほど大きな差はないと言えます。

グレード別に見たフリードのリセールバリュー

では、実際にフリードの年式・グレード別に見たリセールバリューについて見ていきましょう。

以下の条件で独自に調査したフリードのリセールバリューを3年落ち、5年落ちとそれぞれまとめました。

  • 過去6ヶ月以内の自動車オークション落札データから
  • 平成30年式及び平成28年式・2WDで評点3.5以上の車両
  • 新車価格から売却額の割合をリセールバリューとして表示

【3年落ち】フリード/ハイブリッド

グレード 新車価格 調査走行距離 相場(リセールバリュー)
HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING 2,781,900円
HYBRID G・Honda SENSING 2,561,900円
6人乗り
19,000km 1,937,000円(75%)
30,000km 1,802,000円(70%)
2,583,900円
7人乗り
28,000km 1,660,000円(64%)
9,000km 1,950,000円(75%)
HYBRID Modulo X・Honda SENSING 3,256,000円
6人乗り
9,000km 2,475,000円(76%)
12,000km 2,291,000円(70%)
3,278,000円
7人乗り
15,000km 2,049,000円(62%)
HYBRID EX 2,656,000円 23,000km 1,915,000円(72%)
32,000km 1,829,000円(68%)
フリード+
HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING 2,803,900円
HYBRID G・Honda SENSING 2,516,000円 31,000km 1,750,000円(69%)
HYBRID B 2,276,000円
HYBRID EX 2,676,000円 24,000km 1,577,000円(58%)
19,000km 1,676,000円(62%)

3年落ちのフリード/ハイブリッドのリセールバリューについては、70%前後のリセールバリューが見込めます。

市場に多く出回っている「HYBRID G・Honda SENSING」についても、走行距離や状態が良ければ70%を超える車も多数ありますので、高いリーセルが期待できるでしょう。

ただ、フリード+に関しては、「HYBRID EX」がややリセールバリューが低かったため注意が必要です。

【3年落ち】フリード/ガソリン

グレード 新車価格 調査走行距離 相場(リセールバリュー)
CROSSTAR・Honda SENSING 2,380,400円
G・Honda SENSING 2,160,400円
6人乗り
29,000km 1,785,000円(82%)
18,000km 1,793,000円(82%)
2,182,400円
7人乗り
33,000km 1,593,000円(72%)
B・Honda SENSING 1,997,600円
Modulo X・Honda SENSING 2,950,200円
6人乗り
15,000km 2,130,000円(72%)
2,972,200円
7人乗り
19,000km 2,086,000円(70%)
15,000km 2,014,000円(67%)
G 1,980,000円/ 24,000km 1,610,000円(81%)
27,000km 1,545,000円(78%)
39,000km 1,306,000円(65%)
B 1,880,000円
フリード+
CROSSTAR・Honda SENSING 2,402,400円
G・Honda SENSING 2,182,400円 9,000km 1,653,000円(75%)
21,000km 1,509,000円(69%)
G 2,000,000円 22,000km 1,400,000円(70%)
B 1,900,000円 27,000km 1,092,000円(57%)

ガソリンタイプのフリードに関しても、リセールバリューは非常に高いです。

近年は、ハイブリッド車が増えてはいるものの、フリードで言えばガソリン車の方がリセールバリューが高い傾向があります。

ハイブリッドタイプ同様にフリード+のリセールバリューがやや低めですが、リセールバリューで選ぶならガソリン車の方がおすすめと言えるでしょう。

【5年落ち】フリード/ハイブリッド

グレード 新車価格 調査走行距離 相場(リセールバリュー)
HYBRID G・Honda SENSING 2,561,900円
6人乗り
62,000km 1,352,000円(52%)
33,000km 1,730,000円(67%)
2,583,900円
7人乗り
36,000km 1,476,000円(57%)
32,000km 1,615,000円(62%)
Hybridジャストセレクション 2,295,000円
6人乗り
41,000km 1,109,000円(48%)
2,326,500円
7人乗り
22,000km 1,050,000円(45%)
Hybridプレミアムエディション 2,340,000円
6人乗り
53,000km 1,202,000円(51%)
2,372,400円
7人乗り
59,000km 1,035,000円(43%)
HYBRID EX 2,656,000円 38,000km 1,646,000円(61%)
72,000km 1,410,000円(53%)
フリード+(スパイク)
HYBRID G・Honda SENSING 2,516,000円 36,000km 1,625,000円(64%)
29,000km 1,523,000円(60%)
Hybridジャストセレクション 2,380,000円
Hybridプレミアムエディション 2,360,000円 36,000km 1,202,000円(50%)
HYBRID EX 2,656,000円 42,000km 1,501,000円(56%)

フリード/ハイブリッドの5年落ちに関しては、高いもので60%以上、低いもので40%程度です。

走行距離が少ないフリードであれば、比較的リセールバリューは高いですが、走行距離が多ければ、50%前後と5年落ちの平均的なリセールバリューを推移している傾向があります。

また、モデルが旧式になるほど、リセールバリューも落ちているので、古いモデルのフリードには注意が必要です。

【5年落ち】フリード/ガソリン

グレード 新車価格 調査走行距離 相場(5年後)
G・Honda SENSING 2,160,400円
6人乗り
36,000km 1,435,000円(66%)
2,182,400円
7人乗り
34,000km 1,385,000円(63%)
69,000km 1,211,000円(55%)
G プレミアムエディション 1,980,000円
6人乗り
50,000km 830,000円(41%)
22,000km 1,100,000円(55%)
2,012,400円
7人乗り
36,000km 1,040,000円(51%)
29,000km 1,134,000円(56%)
G ジャストセレクション 1,980,000円 35,000km 960,000円(48%)
Gエアロ 2,160,000円
6人乗り
2,192,400円
7人乗り
G 1,980,000円 24,000km 1,205,000円(60%)
2,001,600円 36,000km
1,746,000円
2014年式モデル
フリード+(スパイク)
G プレミアムエディション 1,980,000円 41,000km 815,000円(41%)
G・ジャストエディション 1,980,000円
Gエアロ 2,180,000円
G 2,000,000円 40,000km 1,120,000円(56%)
48,000km 1,243,000円(62%)
B 1,900,000円 29,000km 1,097,000円(57%)

フリード/ガソリンの5年落ちリセールバリューについても、ハイブリッド同様に走行距離に応じてリセールバリューが大きく変わります。

3年落ちのフリードと同様に、ガソリン車の方がややリセールバリューが高い傾向があります。

また、旧モデルの「プレミアムエディション」については、リセールバリューの高い車でしたが、近年は大きく値落ちしているようです。

フリードの5年落ちについては、50%前後のリセールバリューのため、3年落ちとは異なりそれほど高いリセールバリューではないため、注意しましょう。

フリードをリセールするために価値を上げる方法

フリードを購入する際のリセールや、現在使用されていて今後のリセールを考えている場合には、少しでも価値を上げる方法を理解しておくのが望ましいです。

リセールするときに少しでも価値を上げる方法としては、フリードの人気の仕様やオプション、使用方法を理解しておきましょう。

その方法について紹介していきます。

フリードの人気カラーを知っておく

フリードを購入するときには、人気カラーを把握しておきましょう。

車の色が変わるだけで、リセールバリューが大きく変わるのは事実です。

フリードで言えば、最も人気のカラーは、「ホワイトオーキッド・パール」。

フリード・フリード+どちらも「ホワイトオーキッド・パール」が人気第1位で、幅広い層が支持されています。

+32,400円のオプションカラーではありますが、その分リセールバリューも高くなると言えるでしょう。

次に人気な色としては、「プレミアムスパークルブラック・パール」です。

こちらもオプションカラーにはなりますが、定番のブラックは汚れや傷なども目立ちにくい理由から選ばれる方が多い色と言えます。

こちらもリセールバリューが高いのでおすすめです。

3列シートや両側スライドドアが人気

フリードは、3列シートや両側スライドドア仕様の車両が高く売れやすい傾向があります。

実際のリセールバリューでも解説したように、2列シートのフリード+より、3列シートのフリードの方がリセールバリューが高いです。

また、ファミリーカーとして使用されることの多いフリードは、両側スライドドアも必須と言えるでしょう。

ただ、最新モデルのフリードでは、「フリードB・Honda SENSING」のみオプションで、その他のグレードは標準仕様なので、それほど気にする必要はないかもしれません。

車の状態を維持すること

車をリセールする際には、車の状態を5段階評価で判定されます。

当然評価が高いほど、リセールバリューも高くなるため、車の状態を維持しておくことは非常に重要です。

基本的なことにはなりますが、車の外観・内装の傷や汚れ、事故の有無とその具合によって大きく金額に差が出てくるでしょう。

普段から使用する際には、車の状態を維持して使うことで、少しでも高く売ることに繋がります。

フルモデルチェンジ後のリセールバリューに注意が必要

現在のリセールバリューについては、比較的高いフリードですが、フルモデルチェンジ後のリセールバリューの変動に注意が必要です。

まだ正式な公表はありませんが、2022年にはフルモデルチェンジが予想されているため、もしモデルチェンジがあれば、リセールバリューが下がる恐れが高いと言えるでしょう。

そのため、売却を検討している場合には、早めに売却することが望ましく、購入する場合にはモデルチェンジ後の方が望ましいです。

フリードに関しては、今後の市場の変化に注意しておきましょう。

リセールバリューで見た新型フリードHV・ガソリン車共に評価は高い

ホンダ・フリードのリセールバリューについて解説してきました。

フリードに関しては、3年落ちのリセールバリューは、HV・ガソリン共に高いリーセルが見込める車種です。

5年落ちになると、リセールバリューはやや低くなるため注意しなければなりませんが、リセールバリューからもおすすめできる車種と言えるでしょう。

特に、ガソリンタイプのフリードは、70%以上のリセールが付く車両も非常に多いので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。